猫トイレ

猫砂は何がいい? 何個どこに置けばいい? お掃除はいつ、どのようにすべき?
猫ちゃんのトイレのお悩みを解決します!

この記事の内容をまとめると……

猫砂選びや置き場所、個数、お掃除にお悩みの方が多いです

猫ちゃんは、トイレのしつけは意外と簡単。お話を伺うと、飼い主の皆様がお悩みなのは猫砂選びやお掃除。猫砂はどんなものを選ぶといいのか、トイレ周りに飛び散る猫砂のお掃除をどうしたらいいか、猫砂をどうやって捨てるか……。また、トイレをどこに、何個設置すればいいかも悩みどころです。

トイレ周りのお悩みは、猫砂&トイレ選びで解決することができます! 使う猫ちゃんはもちろん、お掃除する飼い主の皆様にとっても快適なトイレを選びましょう。

猫砂は大きく分けると6タイプ。猫ちゃんの性格と消臭力、吸収力で選んで

猫砂は、素材で6タイプに分けることができます。それぞれにメリットとデメリットがあり、猫ちゃんの性格によってもピッタリ合う猫砂が異なります。

(1)軽くて持ち運びしやすい紙タイプは、おしとやかな猫ちゃんと粉ホコリが気になるペットオーナー様にピッタリ

紙タイプの猫砂は、再生紙などでできています。また、消臭力を高める成分を加えている製品も多いです。

紙タイプのメリットは、軽くて持ち運びや保管が楽なこと。また、粉ホコリは他と比べると立ちにくいです。吸水力もよく、燃えるゴミとして出すのが一般的です※。さらに、消臭力もあります。

但し、軽いのでトイレの外に粒ごと飛び散る場合があります。おトイレの後、豪快に砂をかけるやんちゃな猫ちゃんには不向きかもしれません。おしとやかな猫ちゃんやスーパーなどで猫砂を買って持ち帰りたい飼い主様、軽くて持ち運びのしやすい猫砂をお探しのシニア層の飼い主様におすすめです。

(2)自然の砂に近いベントナイトタイプは、すべての猫ちゃん&通販大好きな飼い主様におすすめ

ベントナイトの猫砂は、粘土の一種で鉱物からできています。自然の砂に近いため、性格を問わず猫ちゃんに好まれやすいのがメリットです。粘土なので吸水力や固まる力も抜群で、オシッコをがっちりと固めてくれます。もちろん、ニオイの消臭力もしっかりとしています。固まった砂やウンチは燃えるゴミとして出すのが一般的です※。固まった砂のゴミ捨てやトイレのお手入れもラクラクです。

ただ、とても重い製品がほとんどです。スーパーに寄ったついでに買う……というのはちょっと難しい重さなので、通販がおすすめです。また、猫ちゃんが砂をほると鉱物のホコリが舞うので、お掃除がちょっと大変です。

(3)木が原料の木製タイプは、ナチュラルな香りが好きな猫ちゃん&飼い主様におすすめ

木製タイプは木やおがくず、ヒノキの廃材などが原料です。木の自然な香りがあるのがメリットで、ニオイが強い猫砂が苦手な猫ちゃんでも受け入れやすい素材です。素材が木なので、燃えるゴミとして出すことができます※。木が持つ消臭力と自然な香りだから、ニオイが気になる飼い主様におすすめです。

ただ、固まる力が鉱物タイプに比べると弱いので、スコップですくうときに崩れてしまうことも。 。

(4)食べものからできているおからタイプは食べものにあまり興味を示さない猫ちゃん&捨てやすい猫砂を探していらっしゃる飼い主様にピッタリ

おからでできた猫砂は、もともと食べられるものを使っているので安全性が高いのがメリットです。固まる力はそこそこですが、トイレに流せるので、捨てやすさを優先している方にもピッタリ。

ただ、「おから」だけあって「食べもの」と認識してしまう猫ちゃんもまれにいます。食いしん坊の猫ちゃんの場合は注意が必要です。

(5)消臭力抜群のシリカゲルタイプは大らかな猫ちゃん&ニオイを気にする飼い主様にオススメ

シリカゲルは脱臭剤としても使われている素材で、オシッコ自体とウンチやオシッコのニオイを強力に吸い取ってくれます。燃えないゴミとして出すのが一般的です※。また、数週間取り替え不要をうたう製品がほとんどで、普段はウンチのときだけ掃除すればいいのは楽です。お勤めの飼い主様におすすめの素材です。

但し、猫ちゃんの足にくっついてしまう猫砂も多く、神経質な猫ちゃんはトイレに入ること自体を嫌がってしまうことも。猫ちゃんが大らかな性格ならおすすめです。

(6)お掃除がとってもラクチンな「システムトイレ」は単身者や共働きの飼い主様にピッタリ!

固まらずに長持ちする猫砂と、長期間取り替え不要の脱臭マットやシートなどを同時に使うシステムトイレは、砂とシートの二重の消臭パワーが最大の魅力。吸水力も抜群だからオシッコのたびに猫砂を捨てる必要がなく、毎日の固まりの処理から解放されます。但し、砂とシートの両方を買わなければならないので、コストがかかります。また、猫砂が独特の形状をした製品もあり、神経質な猫ちゃんの場合は切り替えが結構大変です。気長に切り替えられるならおすすめです。

※猫砂をゴミとして捨てる際は、地方公共団体により廃棄物の分類が異なる場合がありますので、お住まいのルールに従って処理してください。

猫砂を新しいものに切り替えるときは「少しずつ慣れさせる」のがコツです!

今まで使っていた猫砂から別の猫砂に切り替えるとき、猫ちゃんによってはかなり苦労することも。ここでは、切り替えのコツをご紹介します。いずれの場合も、トイレの場所は変えないようにしましょう。

(1)大らかな猫ちゃんの場合は、一気に切り替えても大丈夫です

性格が大らかで、物音がしても、知らないお客様がいらっしゃっても動じないような猫ちゃんなら、トイレの猫砂を一気に切り替えても成功する場合が多いです。今まで使っていた猫砂を使ったトイレも置きつつ、新しい猫砂を入れたトイレも置いてみましょう。たとえば、今までトイレを洗面所と居間の2カ所に置いていたような場合は、用を足す頻度が高い方のトイレを新しい猫砂に、低い方のトイレを古い猫砂のままにします。新しい猫砂を入れたトイレでも用を足すようなら、古い猫砂を入れたトイレも新しい猫砂に入れ替えます。

(2)繊細な猫ちゃんの場合は少しずつ切り替えます

物音やお客様を気にしたり、ちょっとでも足が濡れると嫌がったりする繊細な猫ちゃんの場合は、猫砂の切り替えにちょっとしたコツが必要です。トイレの砂の2/3程度を新しい猫砂にして、その上から以前から使っている猫砂を1/3程度かけ、用を足すようなら少しずつ新しい猫砂を混ぜて切り替えていきます。

どうしても用を足さないときは、今まで使っていた猫砂の固まりやウンチを入れたり、オシッコのニオイが付いた猫砂を混ぜて猫ちゃんのニオイを付けてあげたりするという方法もありますが、キレイ好きな猫ちゃんの場合はかえって嫌がることも。 猫ちゃんの様子を見ながら、少しずつ切り替えてみてください。

(3)猫砂とトイレ容器を一気に切り替えるのは避けたほうが無難です

猫ちゃんは、猫砂やトイレ容器、置き場所、砂の汚れ、排せつのしかたなど、いろいろなところにこだわりポイントがあります。猫砂とトイレ容器を一気に切り替えるのは避けたほうが無難です。

猫ちゃんのトイレは「猫ちゃんの数+1個」が理想です

猫ちゃんのトイレをいくつ置くかは悩みどころですが、猫ちゃんはとってもキレイ好き。「猫ちゃんの数+1個」のトイレを置くのが理想です。1頭飼いでも、トイレが2つあると長期間不在などでこまめにお掃除できないときも、もうひとつのトイレで用を足せます。猫ちゃんがストレスを感じずに過ごせるので、オススメです。多頭飼いの場合は、「猫ちゃんの数+1個」のトイレがさらに重要になります。

また、キレイ好きな猫ちゃんは、トイレと食べるところが近いのが苦手です。フードボウル&給水器とトイレは必ず離して置いてください。

猫ちゃんのトイレ掃除は、システムトイレやシリカゲルの猫砂以外は「排せつしたらすぐ」が基本です。システムトイレやシリカゲルの猫砂の場合も、ウンチはその都度お掃除しましょう。

猫ちゃんがトイレで不自然なしぐさを見せたらどうする?

(1)排せつ物に砂をかけないときはトイレがあまり好きではないのかも?

猫ちゃんは排せつ後、オシッコやウンチに砂をかけるのが基本です。それをしないで急いでトイレから出て行くときは、「早くここから出たい」と思っているのかも。トイレの大きさや形状(屋根付きか屋根なしか)、猫砂を見直してみてください。自然の砂に近い鉱物タイプの猫砂に切り替えたら、ゆっくり排せつをするようになったという猫ちゃんも多いです。

(2)トイレのヘリや空中をかくときは砂が気に入らないことも

猫ちゃんがトイレのヘリや空中を書くような仕草をするときは、足に付いた猫砂を取っている場合もありますが、「そもそも猫がかきにくい形状の砂」というケースもあります。オシッコやウンチに砂をかける代わりに、しかたなくトイレのへりや空中をかいているというわけです。猫砂を切り替えて、様子を見てみるのもひとつの方法です。

(3)トイレのフチに足をかけて排せつするときは、トイレが狭すぎるのかも?

猫砂が大きすぎたり固すぎたりすると、トイレに入るのを嫌がる猫ちゃんもいます。また、トイレのフチに足をかけて排せつしている場合は、そもそも猫ちゃんの大きさに対してトイレが狭すぎることも考えられます。猫砂の種類を変えたり、大きいトイレに換えたりして様子を見てください。

猫ちゃんの健康にとって、トイレはとても重要な要素のひとつです。トイレまわりや猫砂を見直すことで、猫ちゃんとの関係ももっとよくなることでしょう。